スピリチャリズム

 ’汝らの霊性申すは開発するモノにあらず。真先に心払い清めるが霊性顕現の基であるぞ。” 
(火水伝文)
  
 最近ではあまり聞かれなくなりましたが、10年程前には「ニューエイジ」という言葉がはやり、新しい時代が到来する事に鋭敏な人々は心躍らせ、起きる出来事に期待しましたが、何も起こる事なく今では「ニューエイジ」という概念自体がフリーメーソンの雑誌の名前、一皮剥けばキリスト教、キッシンジャーによって秘密離に打ち出され、既存の科学や宗教の枠から離れた人々をマインドコントロール下に繋ぎとめておくため、多くがヒンドゥー教を基に開発されたプログラムである事も知られるようになりましたが、言葉の原義は「ニューエイジ」(輝かしい時代)=世界共産主義ですから、この運動に参加すれば気付かぬ内に世界統一政府樹立に貢献させられる事になるのですが、それが「ヒノモトの民」の仕事でない事は言うまでもありません。

2012年12月22日 太陽系はフォトンベルトの最盛期に突入し高温高圧に包まれて邪悪な人々は滅ぼされ、善良な人々はフォトンベルトのエネルギーで浄化され97%のジャンクDNAがスイッチオンとなり次元上昇=アセンションが引き起こされる という噂もオーストラリアのUFO研究会の会誌に女子学生が寄稿した「フォトンベルトストーリィ」というフィクションに尾ひれがついただけのものと判明しており、通俗的な意味でのアセンションは起こる事なく、マヤの暦は同日付で、エジプト、チベット、中国等の古代の暦も今の時代で終わっている以上、ノストラダムスの世紀末予言の時と同じく象徴としての出来事が起こる可能性が高い、という結論になるはずですが、未だアセンションが必ず起こるという方は低級霊とのチャネリングで得られた情報を基にしているか、地上天国(=世界統一政府)を樹立する為のきっかけとして人工的にアセンションを起こそうとしている組織の方のどちらかです。

 去る、5月16日 ロード・マイトレーヤのメッセージを伝えるべくベンジャミンクレームが来日し尼崎で講演をしましたが、入場料は無料、スタッフの方に聞きますと全員がボランティア、通訳はエール大学院卒、マイトレーヤは「地上天国」を建設する為1977年に肉体を持った地上人として既に降誕している というのが公式発表ですが、実はユダヤ人とか。造られた反キリスト(ニューエイジの崇拝する神)をメシアとして迎え入れる為のイシヤの広告塔だろうと思っていると、同日イシヤによってフォートデトリックで開発された豚インフルエンザが神戸で発生しました。

 今の世界で、ある程度以上の大きな宗教(精神世界)組織となるとほとんど例外なくイシヤのプロバカンダ、政策遂行、マネーロンダリングの機関として使われていますが、オウム真理教等もそうで各国の諜報機関が内部に入り込み、第二次大戦後亡命したナチスドイツの研究者がCIAの実験室で開発し、中国及びソ連共産党、統一教会でも使われた「感覚遮断」「サイキックドライビング」等の洗脳テクニックが取り入れられ信者に強力な洗脳が施されていましたので、こういった組織に入り込むとこのプログラムを作った同じ組織の人間に洗脳を解いて貰わなければならなくなり、その人に対するラポール(信頼感)が発生し、教祖として崇めついていく事になるという出口なき迷路にはまりこみますが、これも安易に蛇の封印を解こうとした事の結末です。

 旧約聖書の創世記では、ユダヤの神は天と地の間にある物すべてと、天と地の間に働く不変の法則をも創造された事が記されていますので、この子宮内宇宙で扱われる方程式や定数がどれも相似ており美しい形をとるのは、ユダヤの神に都合のよい様に意図的に設定されているマトリックスの世界の礎石だからという事になりますが、陰陽逆さまで、身欲を持ったまま、宇宙大自然のパワーを使って病を治す等と言っていると簡単に操られてしまいますし、占い、超能力、スピリチャルヒーリング等を使って悪魔、悪霊と取引する事で、現実世界での力を獲得するのは存外簡単ですが、迷信ではなく後々呪いは子々孫々へと及び、ヒノモトのマコトの神をも封印し続ける事になります。
 キリストや釈迦も占い、呪術を禁止し、吉凶の判断を捨てれば正しく世の中を遍歴できる事を説き、仏教では五神通は悟りのレベルが上がるにつれてひとりでに備わるものとしましたが、結局はユダヤの仕事をするのか、スメラの仕事をするのかの二分法しかなく、スメラの仕事をすれば厳しくとも「お陰」が与えられ、無から有を生み、奇跡が起こるのが当たり前の現実を体験する事になります。


 


 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中宏明
 兵庫県 
 淡路島洲本市生まれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード