ノーベル賞とアインシュタイン

 1922年「光電効果の発見」によりノーベル物理学賞を受賞し、当時の物理学者でさえ完全に理解する人間は少数であると言われた相対性理論を構築したアインシュタインは物理学の頂点に立ちました。

 しかし、それまでのニュートン力学による「絶対時間」「絶対空間」の概念を否定する自身の相対性理論は受賞の対象とされず、木星の巨大火山クロノスより噴出された巨大彗星メノラーが地球に接近する事によりナイル河の水を赤く染め、エジプト脱出を計ったモーセの紅海割れの奇跡を起こし後金星の軌道におさまった事等、この「岩戸内宇宙」全体が「ユダヤの神」の預言(知恵の神の意志)の通りに動いている事を発見した革命的なヴァリコフスキー理論も受賞の対象とされず批判され、1978年にもはや瀕死の状態となっているビッグバン理論を後押しする宇宙背景放射を発見した事でペンジャスとウィルソンに賞が与えられている事からも分かるように、ノーベル賞委員会はスウェーデン王室共々「闇の権力者」達に乗っ取られており彼らの思惑の実現に貢献している(旧態依然の学問を維持する=管理される人間を痴呆の状態に置いておく)人物に与えられる賞で、本当に優秀人間は、NASA等軍の組織にヘッドハンティングされ常識的に生きている人達には想像もつかない宇宙観や科学技術を既に造り上げています。

 ノーベル賞を受賞した偉人天才科学者であっても、自らがルーズベルトに原子力とその軍事利用を勧める手紙に署名した事への「罪悪感」からか、露骨に原水爆の禁止及び反対運動への参加を表明しヴァリコフスキー理論への擁護を大々的に喧伝した為、危険人物としてアインシュタインは病室において暗殺されました…。

 使えるうちはいくらでも持ち上げるが、真実を知りすぎそれを公言するようになると邪魔者として消す。それが今世界を動かしている人達のやり方です。

 アインシュタインの理論がフランスの数学者「ポアンカレの論文」や「ローレンツ変換の公式」の盗用だという批判がありますが、アインシュタインの場合は「解釈の仕方」を別のものの変えているし、理論とは多かれ少なかれ他人の「考え方」の上に依って立つものであり、自分の「考え方」だと思っている事も子供の頃から家族や学校で教わった「考え方」であったり、純粋に自分の閃きだと思っている事も他の霊(神)的存在の「考え方」であったりで、自分の「考え方」等は存在しないのでこの批判は当たりませんが、問題はその運用のされ方で1972年秘密結社であるローマクラブによって唱えられた「限りある資源を大切に」という考え方に人々が合わせる事によって有限の世界が造り出されている基となっているのと同じ様に、一般相対性理論と言えども純粋に理論として設定されたもので過渡的にのみ有効な単なる技法だという事を忘れさせ、「光速度一定不変の法則」を基にした新たな有限の世界を造り出す絶対的価値観として用いられている事にあり、それを受け入れている我々の「無思考状態」にある事でしょう。

 「物理学」とは次の瞬間に起こる物理現象の予測学で、その為に必要なのは物体の「位置」と「運動量(どのぐらいの速さでどの方向に進んでいるか)」です。
 ミクロの世界を扱う量子力学における「不確定性原理」とは電子を観測する時の「例え」で言うと、普段私達がモノを見る時にはモノに当たって反射した光によって見ています。顕微鏡を使ってみる時も同じですが電子ぐらい小さくなると可視光線の波長では電子に比べて大き過ぎて「位置」を正確に知る事はできません。電子より小さい波長の電磁波というとガンマ線のようなエネルギーの強い電磁波しかないのですが、電子の「位置」を正確に知る為にガンマ線を当てるとそのエネルギーで電子ははじき飛ばされてしまって「運動量」が変わってしまいます。どちらか片方であればわりと正確に知る事が出来ますが両方同時の知る事は出来ません。
 これは観測装置の問題ではなくどんな方法を使っても原理的に人間が観測しようという行為自体が量子に影響を与えてしまい正確な観測は不可能です。

 ニュートン力学では、宝くじを買って当たっているかどうかは発表された当選番号を見るまではわかりませんが、それは自分が見ていないだけで既に当たりか外れかは決まっています。
 量子力学(ミクロの世界)では本人が番号を実際に見るまでは当選番号はまだ決まっておらず見た瞬間に当たりか外れかが確定されます。
 量子の世界で起こっているこういった従来科学の基盤を逸脱した奇妙な現象から、ボーアは「人の意識が現実を創造する」と宣言しました。

 アインシュタインに先立ち「相対性理論」を唱えたエルンスト・マッハにより、ある直線が水平であるかどうかという事はこれが水平であるという器具であるとか、原水平器のような物で計るしかなく最終的な基準は人間がこれが水平であると認知する事しかなく、科学的客観性とは「幻想」で究極的には人間の感覚をもとにするしかないと明かされ、アインシュタインの「相対性理論」では絶対的に正しい時間は存在しない、人間の数だけ味覚があるのと同じ様に人間の数だけ時間がある、つまり時間とは主観的なものである、とされコペルニクスにより宇宙の中心から放りだされた人間は再び中心に返り咲くきっかけをつかみながらアインシュタインは統一理論にこだわる事により量子力学の「確立論」は過渡的なものであるとして認めず結局は統一理論も完成される事はなく「相対性理論」も世界を裏で動かす人達の都合の良いように使われる事となりました。 

ユダヤ人でありシオニストであるアインシュタインは「岩戸内宇宙」の仕組みを解き明かすことで「世紀の大天才」と呼ばれ画期的な仕事を成し遂げましたが、「元ツ仕組み」の中で統一理論を構築する事は二つに「分かつ知」を押し進める事であり絶対に完成しないものである事や、「全ては自分」であり、針一本落ちても世界じゅうに響き渡る事から情報が伝わる速度は「無限」である事も分かる必要はなかったのかもしれませんが、アインシュタインに褒め称えられる日本人はそうであってはならず、「宇宙の中心」がどこにあるのかも知っていなければならないのです。
 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中宏明
 兵庫県 
 淡路島洲本市生まれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード